トップページ
英語で3分間って大変!

英会話のスクールの課題で、なんについてでもいいから、英語で、3分間スピーチをするっていうものがありました。
英会話スクールは1年ほどしか通っていなかったんですが、このときが一番悩みました。
ただこの三分間スピーチの題材になんで、ブランドバッグを選んだかというと、当時まだ短大生だった私ですが、ブランドバッグの最高級品はなんだろうって友達と会話をしていて、何百万円もするバッグがあるという事を知ってから興味を持ったので、ちょうどそのタイミングで課題が出たんですね。
で、調べたら面白いことに、有名ブランドの社長さんが、飛行機で隣りになったというある一般人がいて、その人が、イギリスの歌手が整理せずに何でも入るバッグがほしいわっていっていたので、じゃあ作って差し上げますって言って作ったのが、このとある有名ブランドのバッグだったです。
そんな話を英語で3分間にまとめるってけっこう大変でした。苦労の甲斐があって、三分間スピーチは好評でいい思い出です。
日本語での3分間スピーチでも結構難しいもので、文書を作ってみて、話すともっと話を盛り込まないと3分にたらなかったり、そうかと言って、あれもこれも盛り込んではまとまりのない話になってしまうのです。
離す速さを変えるわけにはいかないので、話の内容で3分にまとめると言うのは本当に難問でした。
とあるショッピングセンターで、英語のスピーチを見た時に、ビックリしましたね。スピーチに加え、ディスカッションになっていた事が衝撃的でした。小さい頃から習っていたらこういうことになるのか?と衝撃を覚えました。

小さい頃から、英語を習っていた方が聞きとる耳ができるとかいいますけど、本当のところはどうなのでしょうか。結局のところは遅くから英語を習い始めたとしても、早く習い始めたとしても本人の努力次第っていうところは大きいでしょうね。でも、文法的に学んだところで話せるののはまた違う話と言うのが、日本で英語を学ぶにあたって悩むところ。バランス良く学べたらいいなと思うのです。最近は、自分で学んでいく塾でペンみたいなのをつかって英語の書きとりと読みを学んでいくのがありますよね。それはそれで見に付きそうですが、コミュニケーションを取りながら…という実践を兼ねてという部分が欠けているような気がしてしまいます。折角習ったのなら、話す機会も欲しいですものね。

お知らせ

英会話が上手になるいい教材等ありましたら、ぜひ教えてください。

☆気にな~る☆

社会人になって初めてさくらんぼ狩りに行って来ました。真っ赤な実をしたさくらんぼがたーくさんあってテンション上がったな!!もちろん行きの車では大塚愛の『さくらんぼ』を大熱唱してきましたよ!(笑)着くまでの車の中はカラオケボックス状態。色んな歌をみんなで熱唱。昔の名曲から最近流行っている曲まで何でも歌い盛り上がる女子たちを横目に男性人は『人狼ゲーム』で盛り上がっていました。到着する頃には車内での熱唱が効いたのかお腹ペコペコ。そのおかげでみんなかなりがっついていました。私たちは美味しく食べられるという6月下旬に行ったので、ほぼ甘くて美味しいものばかりでしたよ。同僚からここのサイトhttp://www.ubafutokoro.com/を見せてもらった時にみんな即決でここに行きたい!と言ったには何か惹かれるものがあったのかもしれませんね。しかし、さくらんぼってこんなにも食べられるんだというぐらいみんな食べていました。初めての私でも80個食べましたよ。


私の姉が顎関節症だったのですがもともと顎関節症ではなかったんですよね。なる可能性はあったかもしれませんが。顎関節症になったきっかけは歯医者さんです。姉はただの虫歯治療に行ってたのですが、開けている口が小さいもっと開けて!見えないでしょ!って言って無理やり口を開けさせられたそうです。顎が外れると言ったら、外れたらはめてあげるから大丈夫よ!って言われたらしいです。(驚)そんな乱暴な歯医者があるんだ(汗)って思いました。その後、姉はそれがきっかけで顎がカクカクし始めて、顎関節症になりました。顎関節症は矯正をするしかないと言われて評判のいい矯正歯科 福井 歯医者に通うようになりました。あれから二年。矯正歯科で強制治療をしてもらってから顎がカクカクする事もなくなり、偏頭痛も無くなったそうです。この矯正歯科医には、とても感謝をしていました。もともと歯並びが悪かったことが原因かもしれませんが、きっかけを作ったのは対応の悪い歯医者さんです。歯医者さんでも悪質なところもあれば、とても良心的で親切なところもあります。とくに矯正歯科に限っては治療費も高くなる可能性もありますので口コミなど確認して矯正歯科 福井のような信頼できる所に行った方がいいでしょう。

仲のいい人からもらうプレゼントって大抵ハズレがないのですが、そこまで仲良くないひとからのプレゼントだと、受け取っていいものか悩みますし、しかも趣味が大幅に違ったりして、折角ならこれじゃない方のが良かったのにな…。ということも、多々あるものです。折角の好意で用意してくれたのに、断るのも申し訳ないので、ありがとうと、いって受け取るのですが、開けてみてやっぱり、違う…。という時は http://www.yochika.com/hpgen/HPB/entries/299.htmlで、買い取ってもらうこともあります。ヴィトン以外の物でも、ブランド物は高価買取してくれるので、もらったけど使わないかな…。といった物はこういった方法で現金化するのもありですよね♪

大切な家族が天国へ旅立ってしまった。 家族といっても、ペットなので、厳密には犬なのですが、家族同様、沢山の思い出が記憶に残っているのです。一緒に見に行った桜の花、いつもの散歩道、紅葉の季節に行った山…。 そこを通る度に思い出して、もう一度抱っこしたいなと思うのです。 遺品整理といっても、使っていたお皿や、リード、首輪、ゲージ、そのようなものしかないので、ほとんど整理と言っても無いに等しい位の量なのですが、人も場合はそういう訳にも行きません。 人一人が暮らすとなると本当に沢山の荷物があるものなのです。 キッチン用品、冷蔵庫、食器棚、タンス、家具類。生活に必要な様々なものが沢山あります。 生活していると沢山の物が増えていきます。その時その時で必要なもの、必要でないものを判断して、整理していけたらいいのですが、日々の生活に追われ難しいものです。 今日も、帰って家の片付けがしたいと思っている位です。 遺品整理と言うのはまだしたことがありませんが、いつかは身内の遺品整理をhttp://katazukejouzu.com/で依頼をしなくてはいけない日が来るのだな…と思います。 それ前に、自分の荷物を何とか整頓して、暮らしやすいようにスッキリしたいです!